所得税は全額ではない

男性

予め確認しておくと万全

不動産を売却したときには現金を手にすることになるので、その全額が所得として考えられてしまうのではないかと懸念する人もいるでしょう。逆に不動産の対価として手に入れたお金なのだから特に税金がかかることはないという人もいるかもしれません。実際には不動産を売却して得られた現金に税金がかかるかどうかは不動産を購入してから売却するという流れの中で利益が生まれたかによって決まります。売却価格から購入価格と売却及び購入のときにかかった税金や仲介手数料などの諸費用を引いた金額がプラスになっている場合には納税の義務が発生します。不動産を購入したときには関係書類をなくさないようにと注意されることが多いですが、手放すときになって重要になるからという影響が大きいのです。税金を払わなければならないかどうかは売買をする時点で予め確認しておくと万全です。購入時の書類を一通り揃えることになるので、それを持って仲介業者に相談しておくと税金がかかるかどうかについては教えてくれるでしょう。具体的に計算をしてこの金額だと提示してくれる場合もありますが、仮に誤っていたとしても責任を問うことはできないので注意が必要です。自分で計算するのに越したことはありませんが、心配なら登記を行ってくれている司法書士に聞いてみても良いでしょう。最終的には確定申告の際に納税することになるので、不動産を売却した年明けには確定申告をするという心の準備も大切です。

レディー

学生におすすめです

京都市への通学が決まっている学生におすすめなのが宇治市です。宇治市からであれば京都市へのアクセスが便利なので通学やアルバイトも楽々です。宇治市の不動産会社に相談すればセキュリティが完備されている物件はもちろんのこと、リノベーションできれいに整備された格安物件も簡単に見つけられます。

インテリア

資格取得も必要になります

東京では、土地売買などの取引も多いですが、不動産に関する専門的な知識を有する人として土地家屋調査士が存在します。土地家屋調査士として活躍するためには、国家資格を取得した後に名簿登録を行う必要があります。そこから個人で、あるいは会社に所属して依頼に応じた必要作業を行う事になります。

集合住宅

買い手を探す労力が不要

マンションは業者に買取を依頼したり、自分で買主を探したりして売ることもできますが、通常は仲介を依頼して売ります。最も労力がかかりやすい買い手を探すという過程を不動産会社に任せてしまうことができるからです。